加納楽屋口 -- 日本髪マニアの店長が(有)加納のアクティビティや日本髪の話題をお届けします
 
加納楽屋口


広告



日本髪記録 梅銀杏

大正八年に下平氏が、「田家の早梅」という勅題に添って創作した髪型です。
毛束を三つに分け、左右で銀杏返しに結い、残しておいた真ん中の毛を髷の前に渡して左右に分け、髷の下にはさんで後方に出し、切りそろえます。
桃割れ唐人髷と並んで結われた髪型とのこと。

説明通りに結うと構造上、根かもじや髷蓑に鋏を入れることになってしまうんです。
そうすると、かもじが使えなくなってしまうので、実際に結ったときには真ん中の毛束は手絡の中に納め、バラ毛で髷の外に出る毛を付けてもらっています。こうなると違う髪型・・・?他に説明のしようがないので、とりあえず梅銀杏にしておきます。

実際に結った記録

梅銀杏

011
梅銀杏
ウメイチョウ
アレンジVer.
2006.02

もどる


copyright©2004-2013 WATANABE Haruka All rights reserved
E-mail:info2014@jeis-kanoh.co.jp